受験の教訓 | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2020年 2月 10日 受験の教訓

 

こんにちは、担任助手の西山です。

 

今日は建国記念の日でお休みですが、皆さんいかがお過ごしですか?

 

私は夜東進に来るまでは、家でスマホを眺めたり本を読んだりと

 

大学生の春休みを暇に過ごしています(泣)

 

大学生の長期休暇はだいたい2ヵ月ほどの長さです。

 

高校生のものと比べると、めちゃめちゃ長いですよね!

 

その分、旅行とかサークルの合宿とかいろいろなことができます。

 

でも、長すぎて予定もなく暇な時間を過ごすことが多いので有効に使うのは難しいです。

 

 

さて、本日は受験における反省・教訓というテーマでやっていきます。

 

僕は結果的には志望大学に受かってめでたしなわけですが、

 

その過程においては反省すべき点もありました。

 

何かというとセンター試験後の過ごし方です。

 

センター試験が良い結果に終わって、あとは私大入試を残すだけという状況になって

 

私が選んだのは「体調を崩さないように家に引きこもる」ことでした。

 

家で勉強することが出来ない私は、オリンピック期間中だったこともあって

 

ほとんどの時間をリビングでダラダラと過ごし、その合間に少し勉強した程度でした。

 

その結果、日本史の実力が少し下がってしまいました。

 

幸い試験結果に大きな影響を及ぼすほどではありませんでしたが、

 

受験生としてはダメだったと反省しています。

 

今まさにそのような状況にある人

 

来年受験本番を控えている人

 

東進に来て周りも頑張っている環境に身を投じてみて下さい。

 

きっと「皆頑張っている」と救われると思います。

 

受験生は残りの日数も少なくなってきましたが、

 

それでも結果はより良いほうへと動かせます!頑張りましょう!

 

 

 

明日のブログは高橋担任助手です。お楽しみに~

 

◆各種お問い合わせはこちらから◆

 

最新記事一覧

過去の記事