22歳 夢経歴 | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2020年 10月 25日 22歳 夢経歴

お久しぶりです!!西葛西校の藤田です。

お久しぶりですね。最近すっかり寒くなってしまいましたが元気ですか?

寒暖差が激しいので風邪に気をつけてください。

 

今日は全国統一高校生テストですね。

 

このブログを模試の前に読んでいる人へ

模試だとは思わず本番だと思って頑張ってください。

本番の環境で問題を解ける機会はたくさんはありません。

一点でも多くとれるように最後の最後まで頑張って!

 

模試後に読んでいる皆さんへ

どんな結果であろうと自分の実力です。そして今回は模試です。

本番ではありません。今回を生かして成長してください。

勉強はsee plan do が大切です。

模試はsee部分です。planを立ててdoです!!

 

さて!今日は私の将来の夢について少し語らせていただきます😊

(模試前に読んでいる人はここで止めておきましょう。今は勉強優先。帰ってきてから息抜きに読んでね。)

 

私の将来の夢を時系列にまとめてみますね。

 

4歳:お花屋さん。幼稚園のころなんてみんなお花屋さんかパン屋さんでしょ

12歳:新聞記者。小学校の卒業アルバムにそう書いた記憶があります。

17歳:かわいいお嫁さん。受験を目の前にのんきなやつですね。殴って現実見せてやりたいですね。

18歳:夢を支えられる人。ここから職業じゃなくなります。いや、お嫁さんも違うか。

20歳:人を支えられる人。夢から人に変わりました。

21歳:ヒトの人生を変えるきっかけになれる人。もう何言ってんだこいつですね。

 

です。

 

小さいころって夢って言われると職業を答えてました。

でもなりたい職業なんてなくてドラマで見た職業とか周りが言ってる職業とか言ってました。

正直先生とか弁護士とか医者とか具体的な職業を言ってる子を見ると

いいなあって思ってました。

それと同時に選択肢せまいなあって思ってました。

学校の先生、幼稚園の先生、弁護士、医者とかなんか知ってる職業で戦わせてる感?

ひねくれてますね。反省します。

でもなりたいものなんてないし別に普通でいいし。って考えてましたね。

 

で、18歳からなぜ職業ではなくなったかというと

担任助手をやり始めたからですね。

担任助手をやってると志作文を生徒に書いてもらう機会がたくさんあるんです。

その時に別に夢って職業じゃなくていいなって思い始め、

職業ではなくてどんな人になりたいか

考えるようになりました。

私がなりたいのはヒトの人生を変えるきっかけになれる人。です。

 

きれいごとですしなれるかわかりません

なってみせます。

期待しててね。

皆さんも職業にこだわらずなりたいヒトで考えてみるのも一つの手ですね。

この考え方は就活でも役にたちました。

自分のなりたい自分になるためにはどの会社に行くべきかを

一つの指標にしてました。

 

さあ長くなってしまいましたが以上が私の将来の夢でした。

ここまで読んでくれた皆さんありがとうございます。

そして大切なお知らせを一つです。

本日は✨私の誕生日✨です。

22になりました。

お祝いまってます。もちろんプレゼントは模試の得点で♡

皆さんの自己ベスト楽しみにしています。

 

次回は西山担任助手の模試の復習方法。

そういえば西山担任助手は最近TOEICですごい点数をたたき出してましたよ。

彼の努力はすごいですね。皆さん何点ですか?って聞いてみてください。

驚きの点数が返ってくるはずです。

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

◆各種お問い合わせはこちらから◆