東進でよかったこと | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2019年 2月 27日 東進でよかったこと

(テレビの収録現場にて) 

「東進のいいところには『自主性』を育むことができる点があります。授業を自分の好きな時間に入れることができるため、自分だけのスケジュールを立てることができます。逆に言ってしまうと授業を後伸ばしにすることもできてしまうのですが、ここでスタッフなどに支えてもらうことで、自分を律して計画通り物事を進める大切さを実感することができます。」

「はい、OK。そうね、全然問題ないんだけど、これだと『映像授業』のいいところになっちゃうんだよね~。みんなはさ『東進の』いいところが知りたいのよ。東進』のアイデンティティっていうの?をさ、しりたいわけよ~。だから、これ以外のやつでもらっていいかな?」

「わかりました、やってみます。」

「はい行きます、4,3,2,1」

(手でcueを出す)

「東進のいいところに、『担任助手とのコミュニケーション』があります。この“担任助手”というのは、現役の大学生でなおかつ東進の卒業生であるため、生徒に対して的確なアドバイスをすることが出来ます。これだけでは他の塾でも行われていますが、東進のみで行われているのが『グループミーティング』です。これは週一回行われるミーティングで、週の予定を立てたり、連絡事項を伝えるものとなっています。その時間で担任助手と生徒はコミュニケーションをとることで、勉強へのモチベーションの向上、また勉強に関しての質問・相談などが可能です。以上より、東進の良いところとして『担任助手とよ のコミュニケーション』があると思います。」

「はい、OK!いや〜完璧じゃない〜!これで本番もお願いしますね!」

——オンエアの日、この番組を最初から観ていた。自分のインタビューシーンが全カットだったことは墓場まで持っていき共に深い眠りにつく、と決めたことはまだ内緒にしておこうかしら。——