垂石は全て公立の学校を卒業しているので親孝行です | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2019年 2月 11日 垂石は全て公立の学校を卒業しているので親孝行です

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

1年生担任助手の垂石です!

 

 

 

最近、

辛かった受験生時代

思い出してしまいます。

 

 

 

 

 

サッカー部と並行して

体力的につらかった

あの春。

 

 

毎日、当然のように

10時間以上勉強していた

あの夏。

 

 

自分のやりたいことを

我慢していた

あの秋。

 

 

続々と合格発表がされて

ドキドキしていた

あの冬

 

 

友人と語り合った

あの日々。

 

 

二度とってこない

青春。

 

 

仲間駆け回った

グラウンド。

 

 

おいしかった

ドーナッツ。

 

 

 

 

 

 

どれも良い思い出です。

 

 

今、

苦しい人もいるかもしれません。

 

しかし、

それも終わってしまえば

良い思い出になるはずです。

 

ただ、

良い思い出にするには

その日々を全力

過ごさなければならない

と思います。

 

今を

全力で過ごしてください。

 

そんな私、垂石は

文系国立大学に進学しました。

 

もしかすると、

文理選択と同時に

国立・私大選択を迫られている

かもしれません。

 

まずは

文系理系の前に、

国立・私大のどちらを

目指すのかえましょう。

 

皆さんは、

基本的に国立大学を

敬遠しがちです。

 

 

 

しかし、

案外ハードルは高くありません。

 

もちろんデメリットもありますが、

その分メリットもあります。

 

 

 

 

 

【国立大学を目指すデメリット】

・勉強する教科数が多い

 

・周りに私大の人が多く、疎外感がある

 

 

 

【国立大学を目指すメリット】

・センター試験が有利

 

・私大難化の傾向を受けない

 

・何かかっこいい

 

 

 

 

 

どちらも

挙げればきりがありません。

 

まだ志望校を決めていない皆さんには、

まだまだ可能性があります。

 

それを狭めることなく

んでください。

 

そして私たち担任助手と

相談してください。

 

いつでも

っています!!

 

 

 

 

ただ、志望校は早めに決めましょう。

これがめちゃくちゃ大事です。