受験生になる前の心構え | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2019年 3月 25日 受験生になる前の心構え

 

この世には2種類の人間しかいない。受験生である人間と、そうでない人間である。では受験生になるとは何ぞや。受験生になったら何が変わるのか。見た目や肩書など明確に何か変わるわけではない。確かに、一般的には高校3年生は受験生というイメージはあるだろう。高校2年生の終わりごろから学校で受験の話がされ始め、3年生になったら、授業もだいぶ受験対応の内容になってくる。塾に通いだす人だって少なくない。だがしかし、受験生ではない高校3年生も勿論存在する。では決定的に違うことは何か。それは「意識」である。自分が「受験生である」と立場を意識し行動している人間が受験生だ。逆に言えばそう意識していない人はたとえ高校3年生であっても受験生ではない。そんな緩い論理が通用するとでも、と思ったそこの貴方。よく考えてほしい。高校3年生にもなってろくに勉強もせず漫画を読んでいる人間は果たして受験生なのだろうか。否。ただのぐーたれた高校生であるのは疑いようもない事実。逆に高校の早い時期から基礎を徹底し、他より早く演習、過去問に取り組めている人間はもう受験生といえる。だから、皆さんも早く”受験生”になってほしい。

 じゃあどうすればよいか。大事なのは受験を恐れること、受験に対し焦り、慌てること。要は受験は甘くないと思うことである。そのためには今の自分の立ち位置を知る必要がある。それは模試であったり学校のテストであったりとある。決しておごり高ぶることなく、かといって悲観的になることもなく、現実的な立ち位置、志望校とのギャップを把握する。それこそすなわち受験生なのである。

 これから受験生となる人へ。勉強は能動的にして初めて勉強となる。自らを受験生として煽ってゆこう。それこそ受験における唯一にして最短の成功への道である。

 

 


 

 

 

=”” width=”720″ height=”960″ class=”aligncenter size-full wp-image-19767″ />