卒論は志望校を見る鍵となる | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2020年 5月 30日 卒論は志望校を見る鍵となる

 

こんにちは!

担任助手の中で一番名前の総画数が少ないことで有名な今井です!

模試の時に誰よりも早く問題用紙を開けることが自慢です。

 

さて、今回のテーマは、志望校の決め手ですが、

ずばり

卒業論文のタイトル!

私は心理学を中学生の頃からずっと学びたいなと思っていたのですが、ふわふわとそう思っていただけで高校3年生の秋になるまで「心理学を学べて自分の手が届くかもしれない大学で一番いい」という理由で志望校を決めていました。

 

しかし、私はザ・心理という職業に就きたいわけではなかったので、高校3年生の秋に、どうしてこの学部を目指しているのだろうと思うようになりました。

そんなときにたまたま目についたパンフレットの卒業論文が面白そうだなと感じたのが今の志望校を第一志望にしたきっかけです。

私はその頃youtubeを見ることにはまっていたので、「youtubeでどのようなサムネイルがウケやすいか」などのメディア系の研究をできるという点に魅力を感じました。

この大学でやりたい研究をできるのかな~と不安に思っている人は是非卒業論文のタイトルに注目して見てみてください!

 

 

ちなみに私が受験真っ盛り期に志望校に悩むことになってしまったのは、「志望校に行きたい理由」を完全に固めきれてなかったからです。

そうならないために低学年の皆さんは今志作文コンクールに参加しましょう!

締切は6/11までです。

まだエントリーしていない人は今すぐエントリーお願いします♪

 

 

 

明日のブログは山崎担任助手です!

 

 

 

 

◆各種お問い合わせはこちらから◆