保険だからこそ・・・ | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2019年 9月 17日 保険だからこそ・・・

皆さん、こんにちは!

担任助手の山根です。

夏も終わりを迎え、最近は涼しくて過ごしやすい日もちらほらと出てきましたね~

ずっとこの気温が続いてくれるといいのに…と毎年思います。

しかし、現実的には冬の寒さは避けて通れないわけで、それはそれで楽しめるように努力しているのも毎年の流れなわけです。

 

 

避けて通れないと言えば、「併願校の決定」です。

受験生はもうそろそろ決めないといけません。(わかっているとは思いますが…)

今日のお話は「併願校の決定」ですが、これは受験生だけでなく低学年の皆さんも見てほしいです

オープンキャンパスに行ける学年だからこそ、意識してほしい内容詰まってますので、最後まで読んでくださいね!

 

 

生徒によく「併願校ってどうやって決めました?」聞かれます。

この時期、決めなくてはいけない併願校ってなかなか決まんないですよね。

その気持ち分かります。

自分はあの大学一筋なのにどうして他の学校に時間を割かなくてはいけないんだ!!って僕は思ってました。

 

 

しかし、受験は残酷なもので100%合格するなんてありえないわけですよ。

だからこそいい保険をかけとかなくてはいけません

 

 

では、本題の「併願校の決め方」に入ります。

 

 

僕が受験期に考えていたのは

自分のやりたいことが出来るか

を意識していました。

 

 

万が一落ちた場合

その大学に4年間通うわけです。

 

僕は実際、第一志望の早稲田大学に落ちて、明治大学に通っています。

その4年間を毎日「行きたくねぇ」って思いたくないじゃないですか。

4年間って意外と長いですよ?オリンピック分ありますからね。

 

 

自分の大切な4年間を無駄にしないためにも、充実できる環境の選別は必要です。

保険はしっかりと選ばないといけません。

どんな内容になっているのか見ておかないと後々、後悔しちゃいますよ。

 

 

入ってから「こんな大学だとは思わなかった!!」なんて言っても、

あと4年間はその環境にいなくてはいけませんから。

 

 

 

ちなみに僕は今の環境をかなり楽しんでます。

サークルに勉強、友達関係も含めて満足しています。

 

 

大切なことは

場所じゃなくて自分自身

ですからね。

 

 

その自分自身の満足できる活動がしやすい場所を並べていったら

自ずと併願校は出てきますから

 

 

さて、皆さんの思い描くキャンパスライフはどんなものでしょうか?

本当に今の決めた学校で出来ますか??

 

併願校は保険だからこそ慎重に

ですよ!!