わたしが担任助手になったわけ | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2021年 3月 4日 わたしが担任助手になったわけ

 

もう3月になってしまいましたね。

 

今年度の受験もほとんど終わって、校舎も少し寂しくなりました。

 

そして、新3年生は自分たちが主役になることを、もう受験が迫っていることを

 

しっかり意識して勉強に取り組めているでしょうか?

 

今本気で勉強出来ていなければ、第一志望校に届かない

 

なんて未来が容易に想像できますよ。

 

合格した先輩得点より大幅リードしているならともかく、下回っているならば

 

本気を出すしかないでしょう!第一志望校に合格しようという気持ちで勉強しよう!

 

自分には無理だ、届かないと始めから思って勉強していたら受かりようがありません。

 

今の成績を度外視して、絶対受かってやるという気持ちで全力で勉強しましょう!

 

逃げるな!以上です。

 

嘘です。ここからが本題です。

 

興味のない人もいるかもしれませんが(悲しい)、西山が担任助手になったわけをお話しします。

 

話は2018年の3月に遡ります。昔ですね~

 

早稲田大学に進学が決まって、バイト何しようかなって考えていたころ

 

担任助手採用をやる気はないかと当時の担当に聞かれました。

 

とりあえず「ありません」と答えました。

 

高校生西山は今よりもっと「人に興味ない」みたいな感じだったのです。

 

ですが、数日たって思い出した時に、ふとどんな仕事なのか気になって結局説明を受けました。

 

そして、自分の受験経験が誰かの役に立つかもしれないという思いと

 

色々な仕事があって自分自身も成長できるかもしれないと感じ

 

西山担任助手が誕生したのです!

 

皆さんは、もちろん志望校に合格するために頑張っていると思いますが、

 

大学受験は人生のゴールではなく中間目標ですよね。

 

その先の人生のことも考えて、受験後に担任助手をやることなんかも頭の片隅において欲しいなって

 

わたくしは思っております。楽しいですよ。担任助手。

 

明日のブログは大竹担任助手です。是非読んでくださいね!

 

 

◆各種お問い合わせはこちらから◆

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事