あなたの望みはすぐそこにあります。願望を叶える時です。 | 東進ハイスクール西葛西校|東京都

ブログ

2019年 11月 11日 あなたの望みはすぐそこにあります。願望を叶える時です。

 

今日は11月11日。1が4つ並ぶ1年に1度しかない日ですね!(当たり前なんですけど。)

そこでですね、1111って調べてみたんです。

そしたらこの世の中には”エンジェルナンバー”と呼ばれる

幸せを運ぶ天使からのメッセージというのが存在しているらしいんですよ。

そのメッセージがですね、

1という数字が4つ連続で続くということは、まもなく願い事が叶う

ということらしいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まもなく叶うんです。

叶えたいことを諦めずに、強い気持ちを持って願い続けることが大切です。

その気持ちを持っていれば願いは叶います。

天使からのメッセージですよ?主に受験生の皆さん、1度騙されたと思って信じてみましょうよ。

第1志望に絶対合格するんだという強い気持ちをこのままずっと持ち続けてください。

きっと叶います。

という天使からのメッセージをわたくしが皆様にお伝えしたところで、本題に。

 

 

 

 

こんにちは大竹紫吹生です!

今日は併願校の過去問についてということで。

受験生の皆さん併願校の過去問解いてますか??センターばっかり、第1志望ばっかり解いてませんか?

併願校って優先度が低い分、手薄になっちゃうことが多い気がするんですよねーか

といってやりすぎて他が手薄になるのももってのほかだしー

そんな時はどうすればいいんだろう?

私大竹の意見は”演習量が少なくなる分、1問1問を丁寧に解こう!”という意見です。

 

 

 

 

 

 

 

無理やり数をこなすよりも、数は第1志望に比べて少ないけど傾向を掴むために一つ一つ丁寧に解く方が有効だと私は思います。

併願校の過去問を解く意味としてその大学はどういう風に出題してくるかを把握することが重要だと思います。

丁寧に解いて出題形式を把握してしっかり併願校を合格したうえで

第1志望に挑めるように併願校の対策もしっかり行いましょう!!

 

 

 

明日のブログは赤松担任助手です。お楽しみに!